いなけんの沼

旅する大学生オタク…を目指したい。

東京から沼津へ、ラブライブサンシャイン日帰り聖地巡礼!

 

3月22日に、ラブライブ!サンシャイン‼の聖地巡礼として、沼津へ行ってきました!日帰りだったので作中に登場した全ての場所に行けたわけでは無いのですが、十分満足できる旅をすることが出来ました。都合上日帰りじゃないと行けなさそうという人の為に、今回の舞台の回り方を記録したいと思います。

先に全体像を説明しておくと、まずは三島から内浦エリアに移動、その後少しずつ北に向かっていき、あわしまマリンパークを散策後に沼津市内へ、というルートです。

 

なおこの記事は、どのような順番で回ったかを重視して書いているので、アニメ絵と厳密に同じ場所を探すといった記事では無い事をご了承ください。

 

 

まずは沼津・内浦のエリアへ

使ったきっぷについて

まずは東京から沼津まで移動しなければなりません。今回は青春18きっぷが使える期間ということで、JRの普通列車を使いました。青春18きっぷは、決められた期間に限りJR線が乗り放題という最強のきっぷです。少々ややこしいシステムなので詳細はこちらをどうぞ。

seisyun.tabiris.com

やんやんっ 遅れそうです!?

今回は横浜で友達と集合し、青春18きっぷを使用し4人で改札を入ることにしていました。しかしそのうち一人がまさかの遅刻。

一枚の青春18きっぷを複数人で使うときは、必ず一緒行動しないといけないので、先に改札に入ったり先行列車に乗ることも出来ないので横浜駅で待つことに。

そのため、本当は8時8分発の熱海行きの電車に乗りたかったのですが逃してしまいました。そして次の熱海まで行く電車は約40分後の快速アクティーまでありません。40分横浜駅にとどまるのも嫌なので、ひとまず次の電車で国府津まで行くことにしました。

国府津駅の証明写真

何故国府津を選んだというと、ラブライブ無印の2期11話にて、μ’sが使った証明写真のモデルが存在するからです。改札を出て右に進めばすぐに証明写真の機械が見えてきます。

 

国府津駅の証明写真

こちらがその証明写真の機械です。どう考えても9人入れないと突っ込んではいけないのです。ちなみにその後海岸に出ようとしたのですが、次の快速アクティーに間に合いそうに無かったので途中で断念しました。また今度行ってみます。

気を取り直して内浦地区へ

次々と電車とバスを乗り継ぐ

いきなり寄り道をしたところで、国府津を9時24分に出る快速アクティーで熱海まで行き、更に熱海で静岡方面の電車に乗り換えます。

そして沼津に到着!…とはせず、今回は三島で下車。今回、朝は沼津を経由せず、いきなり内浦に向かうルートを取ることにしました。日帰りの場合はそちらのほうが予定が組みやすく感じます。

三島からは伊豆箱根鉄道駿豆線で伊豆長岡駅へ。更にそこから伊豆三津シーパラダイス行きのバスが出ているので、そのバスを使ってまずは伊豆三津シーパラダイスに向かいます。

お得なきっぷの話

伊豆三津シーパラダイス入場セット券

なお、三島から伊豆三津シーパラダイスに向かうこのルートを使うときは、上の写真の通り、電車とバスと水族館の入場券がセットになったお得なきっぷがあります。詳しくはこちらもどうぞ。

伊豆・三津シーパラダイスセット券 |駿豆線・大雄山線

 

また、伊豆箱根鉄道にはHAPPY PARTY TRAINに登場する車両も走っているので、是非チェックしてみてください。更に運が良ければラブライブのラッピング電車に乗れるかも…?

 

伊豆三津シーパラダイス

伊豆三津シーパラダイスと富士山と淡島

 

伊豆三津シーパラダイスは、恋になりたいAQUARIUMのPVの舞台です。

快晴だと、イルカショーのプールから富士山と淡島を望むことができます。

ラブライブと直接は関係ないですが、イルカショーはとても迫力があるので是非見ましょう!トレーナーとイルカが一緒にジャンプする姿は必見です。

クラゲ万華鏡

曜ちゃんがいたクラゲ万華鏡も実在します。PVのように次々に色が移り変わっていき綺麗です。

恋になりたいAQUARIUM(Blu-ray Disc付)

恋になりたいAQUARIUM(Blu-ray Disc付)

  • アーティスト: Aqours,伊波杏樹,逢田梨香子,諏訪ななか,小宮有紗,斉藤朱夏,小林愛香,高槻かなこ,鈴木愛奈,降幡愛
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2016/04/27
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

三の浦総合案内所

伊豆三津シーパラダイスから歩いて10分程の所に三の浦総合案内所があります。ここには聖地巡礼のガイドや交流ノート等があり、聖地巡礼するなら是非立ち寄って見ましょう。

また、三の浦総合案内所の目の前には黒澤家のモデルがあるのでそちらも要チェックです。

千歌ちゃんの家周辺

安田屋旅館と三津海水浴場

三の浦総合案内所から伊豆三津シーパラダイスまで戻り、そのまま北に歩けば30秒程で見慣れた景色が見えてきます(といっても行きのバスでも通ってるんですけどね)。

f:id:inaokun21:20170326175125j:plain

安田屋旅館前の海岸

そう、千歌ちゃんの家のモデルとなった旅館と、その前の海岸です。

この旅館は安田屋旅館といい、実際に宿泊出来る他、日帰り入浴も行っているそうです。ただし自分たちが訪れたときは休館でしたが。

また、梨子ちゃんが飛び込んだ桟橋もありますが、乗船者以外立ち入り禁止と書かれていたので、勝手に飛び込まないようにしましょう(笑)

 

松月でみかんのお菓子をたっぷりと

さらに少し北に歩くと、本編に出てきたお菓子屋さん、松月が見えてきます。CYaRon!のドラマCDにも出てきましたね。

松月のみかんタルトとみかんジュース

人気なのはやはりみかん関係です。僕はみかんタルトとかんかんみかんジュースを選びました。

店内BGMもラブライブの曲でびっくりです。また、ここにも声優さんのサイン等も展示されていますよ。

あわしまマリンパーク

無人島に船で渡ります

松月から15分程歩いてあわしまマリンパークに到着です。それなりに距離があるので、事前にしっかり時刻表を確かめてバスを使うのもアリだと思います。入園は15:30までなので遅れないように注意!

あわしまマリンパークは果南と鞠莉の家のモデルがあります。果南の家のモデルはカエル館、鞠莉の家のモデルは淡島ホテルです。

あわしまマリンパークは無人島である淡島全体を使った施設で、まずは船で島に渡らなければなりません。

淡島に向かう船 ラブライブラッピング

今回は偶然ラブライブのラッピング船に乗れました。風を受けながら海を渡るのは爽快です。

カエル館

船を降りて左に歩けばカエル館です。名前の通りカエルがいっぱい展示されています。カエルの展示種数は日本一のようです。

 

淡島神社への階段は神田明神の比じゃない

淡島神社 鳥居

さらに進むと淡島神社の入り口です。アニメではAqoursのメンバーがこの階段を駆け上ってトレーニングしていました。でも現実のこの階段は超きついです。絶対に走るべきではないです。普通に登るだけでも大変なので…

 

淡島神社 頂上

頂上はこんな感じ。絵馬が見えますが、絵馬を書きたい人は先にカエル館に立ち寄って、絵馬を書いてから登りましょう。

f:id:inaokun21:20170326190147j:plain

階段の途中にある脇道を進むとテラスがあります。本編では花丸ちゃんがダイヤさんを呼び出したところですね。頂上よりもこちらのほうが見晴らしがよく綺麗です。

なお、淡島に上陸してから淡島神社の頂上に到達するのに、人によっては片道20分くらいかかります!余りにもあわしまマリンパークに着くのがギリギリだと、淡島神社に行くのが精一杯という感じになるかもしれません…
船の最終便が16:50出発なので、遅れないように気をつけましょう。

 

ライトアップが美しいびゅうお

16時59分にマリンパークを出発する沼津行きのバスに乗り、17時23分頃、二瀬川バス停で下車します。そこから歩けば10分程でびゅうおという展望水門に着きます。途中で深海水族館の前を通ったのですが、残念ながら閉館していました。また今度行ってみたいですね…

びゅうお

こちらがびゅうおです。ヨハネがAqoursに勧誘され追い掛け回された先の場所でもあり、鞠莉ちゃんが曜ちゃんを励ました場所でもあります。

 

びゅうお 展望室

びゅうおの展望室。嫉妬ファイヤー~~~の場所です(笑)。

 

旅の〆はヌーマーズとコラボカフェで

バスのタイミングが合わず、びゅうおから沼津駅までのんびり歩きました。途中で曜ちゃんとヨハネの家のモデルも覗いてみたり。

沼津駅周辺で必ず行きたいところと言えばこちら。

ヌーマーズ リトルデーモン店(ゲーマーズ沼津店)

駅のすぐ近くにある、ゲーマーズ沼津店…もといヌーマーズリトルデーモン店です。

Aqoursの特別映像やサイン、キャラクター別の交流ノート等、他のゲーマーズとは一線を画しています。浦の星女学院購買部の限定グッズも一部売ってることがあるので、昔逃した商品をゲットするチャンスかもしれません。ずら丸の誕生日お祝いセットが何個か売られていました。

 

そして夕飯は、沼津駅のロータリーにある、ラブライブサンシャインのコラボカフェで食べることにしました。詳しい情報はこちらのページをどうぞ。ただしここに載っているメニュー以外にも、月ごとに特別メニューがあったりします。

www.yudai.co.jp

 

ヨキソバ

 

自分が食べたのは曜ちゃんのヨキソバです。それなりにボリュームがあるので普通に夕飯として食べられます。

ちなみに19時半以降に訪問したのですが、普通に空いていました。おそらく休日でもすぐに入れるんじゃないかなあと思います。

 

この後20:36発の沼津始発の宇都宮行きの普通列車に乗り沼津を後にしました。

夜は数本だけですが、沼津始発の東京まで直通する東海道線が走っているので、鈍行を使う人はそちらを使うのが便利です。

 

日帰りでも楽しめる、ただし妥協は必要

今回の聖地巡礼は日帰りでしたが、かなり満足するものになりました。

しかし今回行けなかったところもそれなりにあります。浦の星女学院のモデルや、淡島ホテル、深海水族館などです。淡島ホテルなんかは宿泊しないとそもそも敷地に入れなかったりします。

ということで、日帰りで聖地巡礼しようとする人は、行きたいと思うところをある程度絞って、一つ一つの場所を楽しむのが一番良いです。少なくともあわしまマリンパークと千歌ちゃんの家付近を回るだけでも楽しめますしね。

沼津は東京から手軽に行ける距離だと思うので、まだ聖地巡礼していない方は、まずは日帰りでもしてはいかがでしょうか?

 

計画を立てるのに参考にしたサイト

最後に、計画を立てるのに参考にしたサイトを紹介します。

sunshine.zuraa.net

バスの計画を立てるのに大変お世話になった記事です。バスの本数は少ないのでしっかりと計画を立てましょう。

 

leek-island.hatenablog.com

こちらの記事も要チェックです。この記事を見れば交通事情はバッチリです。

 

suzuho111.hateblo.jp

わかりやすい聖地一覧のマップが公開されています。ルートを決める参考に使用させていただきました。

 

聖地マップは現地でも配っている所があります。そちらも適宜利用して、楽しく聖地巡礼しましょう。

 

他の聖地巡礼の記事

よろしければこちらの記事もどうぞ。

inaken.hatenablog.jp

 

inaken.hatenablog.jp